野田の藤の歴史

「野田の藤」は、「牛島の藤」(埼玉県春日部市)・「春日野の藤」(奈良春日大社)と並び日本の三大名藤の一つとされていました。そのことが「NHK趣味の園芸 フジ」に次のように記されています。「摂津国西成郡野田の里(現在の大阪市梅田駅付近)藤之宮にあり神木でした。この藤は海内随一と云われ藤の名所でした。貞治3年(1364)室町幕府将軍・足利義詮が、文禄3年(1594)には太閤秀吉も観藤会を催したことが知られています。この幻の老木が江戸時代のいつ頃枯れたのか記録は残っていません。日本で植物分類学が確立する以前は、フジの名よりもノダフジの呼び方が一般的に使われていたと言われています」

 江戸時代に枯れたと思われていた「幻の老木」は第二次大戦の空襲で焼失するまで、大阪市福島区にある春日神社(福島区玉川二丁目二番七号)境内に残っていました。この老木のフジは第2次世界大戦末期の空襲で焼失しましたが、その後「大阪福島ライオンズクラブ」、福島区役所、地域住民の力で復興しつつあります。以下に往古の時代からこの付近に咲いていた「野田の藤」の歴史をまとめてみました。 (目下執筆中)